予防と注意点

日傘肝斑ができる原因はさまざまにあり複雑であることを解説しましたが、それでも予防になる方法はいくつかあります。たとえば女性ホルモンの乱れが一因にあるため、バランスを崩さないように整えることが必要になるでしょう。規則正しい生活を行い、バランスのよい食事を摂り、ストレスをため込まないように健やかな生活を送りましょう。難しければ適度に息抜きをするなど、自分のできる範囲でおこなうことが重要になります。

また、ほかのシミと同様、紫外線にも要注意です。日焼け止めでケアをしたり日傘を持ち歩いたりといったことを怠らないようにしましょう。このように、一つ一つの要因に注意していくことが、予防へとつながります。

さらに注意点としては、一度なってしまってもあきらめないこと、根気よく治療に向き合っていくことが挙げられます。きちんと美容皮膚科で見てもらい、適切な治療を受けるようにしましょう。自分で勝手にケアをしたり、逆に放っておいたりすると悪化してしまう可能性があります。専門のレーザーで治療してもらうこと、さらには内服薬や塗り薬などのレーザー以外の治療も組み合わせて地道にやっていくことなど、先生と相談しながら治療を続けてみてください。

美容皮膚科でレーザーを

美容皮膚科で肝斑を治療してもらうとき、レーザーで治療するのが一般的とお伝えしました。しかしながら、肝斑治療はほかのシミと同じように扱うことはできません。一般的にシミを取るときはシミを取る専用のレーザーを使うことが多いのですが、これでは肝斑に余計な刺激を与えることになってしまい、返って肝斑を刺激してしまうことがあるからです

サプリつまり、肝斑治療を行うときは、シミを取るレーザーより、より刺激の少ないものを使用することになります。また、ほかのシミなどに比べて原因が複雑であることからも、治療回数を何度か重ねることが一般的であり、ゆっくりと時間をかけておこなわれるようになっているのです。

また、レーザーだけではなく、内服薬や外服薬も一緒に使いながら治療することも多く、さまざまな観点から回復の道を探すことが重要になっています。薬では一緒にビタミンを摂取するようにするなど、通常のシミと似た手法を取ることがあります。肝斑治療は地道で根気のいる治療とされているのですが、ほかのシミに比べて複雑な原因をもっているために、慎重に行かなければなりません。すぐに治らないからといってあきらめたりせず、しっかりと治療をうけましょう。最後に予防と注意点について説明します。

美容皮膚科の肝斑治療

肌「あれ、このシミ左右対称になってる?」そう思ったらそれは、もしかすると「肝斑」かもしれません。普通のシミはほんの一部にできたり、まだらにできたりするのですが、肝斑は頬やおでこ、まぶたなどに広がる不思議なシミです。一般的にまぶたにシミができるなんてことはほとんどないですから、できたら目立ってめずらしく感じるはず。「肝斑」と聞くと、肝臓に何か関係のある病気かなと思う人も少なくありませんが、じつのところ肝臓の病気とは関係がなく、その明確な原因はいまだわかっていないとされています

わかっていないとはいえ、女性ホルモンのバランスが崩れる、妊娠、ストレス、不摂生の生活など、体のバランスが崩れたときに起こりやすく、20~40代の女性がかかりやすい症状です

また、明確な原因がわかっていないからこそ、治療が難航することでも知られているのです。自力で治すのは難しく、美容皮膚科での治療が一般的とされています。

肝斑治療はたしかに自分ではできません。ほかのシミのように食生活を整えたりパックをしたりというようなことではほとんど改善できないことでしょう。しかし、治らないというわけではなく、美容皮膚科にてレーザーで取り除いてもらうのが一般的な治療法です。もしかして肝斑になってしまったかも?と心配に思うのであれば、自力で何とかしようとせず、まずは美容皮膚科に相談してみましょう。美容皮膚科の先生たちが、あなたの悩みを解決してくれるはずです。