美容皮膚科の肝斑治療

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

肌「あれ、このシミ左右対称になってる?」そう思ったらそれは、もしかすると「肝斑」かもしれません。普通のシミはほんの一部にできたり、まだらにできたりするのですが、肝斑は頬やおでこ、まぶたなどに広がる不思議なシミです。一般的にまぶたにシミができるなんてことはほとんどないですから、できたら目立ってめずらしく感じるはず。「肝斑」と聞くと、肝臓に何か関係のある病気かなと思う人も少なくありませんが、じつのところ肝臓の病気とは関係がなく、その明確な原因はいまだわかっていないとされています

わかっていないとはいえ、女性ホルモンのバランスが崩れる、妊娠、ストレス、不摂生の生活など、体のバランスが崩れたときに起こりやすく、20~40代の女性がかかりやすい症状です

また、明確な原因がわかっていないからこそ、治療が難航することでも知られているのです。自力で治すのは難しく、美容皮膚科での治療が一般的とされています。

肝斑治療はたしかに自分ではできません。ほかのシミのように食生活を整えたりパックをしたりというようなことではほとんど改善できないことでしょう。しかし、治らないというわけではなく、美容皮膚科にてレーザーで取り除いてもらうのが一般的な治療法です。もしかして肝斑になってしまったかも?と心配に思うのであれば、自力で何とかしようとせず、まずは美容皮膚科に相談してみましょう。美容皮膚科の先生たちが、あなたの悩みを解決してくれるはずです。