美容皮膚科でレーザーを

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

美容皮膚科で肝斑を治療してもらうとき、レーザーで治療するのが一般的とお伝えしました。しかしながら、肝斑治療はほかのシミと同じように扱うことはできません。一般的にシミを取るときはシミを取る専用のレーザーを使うことが多いのですが、これでは肝斑に余計な刺激を与えることになってしまい、返って肝斑を刺激してしまうことがあるからです

サプリつまり、肝斑治療を行うときは、シミを取るレーザーより、より刺激の少ないものを使用することになります。また、ほかのシミなどに比べて原因が複雑であることからも、治療回数を何度か重ねることが一般的であり、ゆっくりと時間をかけておこなわれるようになっているのです。

また、レーザーだけではなく、内服薬や外服薬も一緒に使いながら治療することも多く、さまざまな観点から回復の道を探すことが重要になっています。薬では一緒にビタミンを摂取するようにするなど、通常のシミと似た手法を取ることがあります。肝斑治療は地道で根気のいる治療とされているのですが、ほかのシミに比べて複雑な原因をもっているために、慎重に行かなければなりません。すぐに治らないからといってあきらめたりせず、しっかりと治療をうけましょう。最後に予防と注意点について説明します。