予防と注意点

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

日傘肝斑ができる原因はさまざまにあり複雑であることを解説しましたが、それでも予防になる方法はいくつかあります。たとえば女性ホルモンの乱れが一因にあるため、バランスを崩さないように整えることが必要になるでしょう。規則正しい生活を行い、バランスのよい食事を摂り、ストレスをため込まないように健やかな生活を送りましょう。難しければ適度に息抜きをするなど、自分のできる範囲でおこなうことが重要になります。

また、ほかのシミと同様、紫外線にも要注意です。日焼け止めでケアをしたり日傘を持ち歩いたりといったことを怠らないようにしましょう。このように、一つ一つの要因に注意していくことが、予防へとつながります。

さらに注意点としては、一度なってしまってもあきらめないこと、根気よく治療に向き合っていくことが挙げられます。きちんと美容皮膚科で見てもらい、適切な治療を受けるようにしましょう。自分で勝手にケアをしたり、逆に放っておいたりすると悪化してしまう可能性があります。専門のレーザーで治療してもらうこと、さらには内服薬や塗り薬などのレーザー以外の治療も組み合わせて地道にやっていくことなど、先生と相談しながら治療を続けてみてください。